記録的な大雪と「JPCZ」

記録的な大雪が続いています。
1月初旬までは北海道で爆弾低気圧による豪雪や高潮の被害がありました。
ここにきて、北陸での大雪と車の立ち往生が頻発しています。
この北陸の大雪は、梅雨時の線状降水帯と同じような積乱雲の帯が、日本海にできるためだそうです。
これを「JPCZ」(日本海寒帯気団収束帯)というそうです。
温暖化により、日本海の海水温が高いため、最近はさらに積乱雲が発達するようです。

ラニーナ現象によるシベリア寒気の南下がまだまだ続き、大雪も続くようです。

ドンガでは歴史的な大噴火が起こり、気象庁も経験したことのない津波が発生しました。
噴火は温暖化には関係ないと思いますが、海面水位が上がり、津波の被害も大きくなるようです。

天気図でもわかる「JPCZ」

出典:NHK
気象庁も警戒 大雪の原因“JPCZ”=日本海寒帯気団収束帯とは

 

Comments are closed.